お笑いコンビ「シティホテル3号室」の川合亮太さん(左)と押田貴史さん=東京都内

 楽しく学んで国語の語彙力アップ―。東京都中野区に本部がある中学受験塾「ジーニアス」は、動画投稿サイト「ユーチューブ」に、熟語や慣用句をコントで学べる動画を2月から毎日1本投稿している。

 開成、女子学院などをはじめとした難関校の入試に使われた555語を順に動画化しており、松本亘正代表は「子どもたちは語彙の勉強をやりたがらないので、動画を作った。毎日の習慣にしてもらいたい」と狙いを話す。

 出演しているのは、お笑いコンビ「シティホテル3号室」。昨年、若手芸人を対象にした「ABCお笑いグランプリ」の決勝に進出した実力派で、同塾で国語の講師も十数年務めている押田貴史さん(34)と、相方の川合亮太さん(34)が一緒にコントを作っている。

 1~2分の動画は「客観」「向上心」「思わせぶり」などの言葉をテーマにしたコントと、解説パートで構成。教室だけでなく、ラーメン店や病院、正義のヒーロー対怪人といった、さまざまな場面でのコントを通じて、楽しみながら語彙力が身に付く寸法だ。

 ネタ作り担当の川合さんは「毎回キャラや状況を変えて、飽きずに楽しめるようにしています」と胸を張り、押田さんも「(動画で扱った言葉を)塾生同士が会話の中に使っていたので、効果があったようです」と話している。

 動画は、チャンネル名「0時間目のジーニアス」で配信。塾生だけでなく、誰でも視聴できる。