無症状や軽症の新型コロナウイルス感染者のため、東京都が借り上げたホテルに到着した車両=7日午後、東京都中央区

 東京都は7日、無症状や軽症の新型コロナウイルス感染者を入院先から、都が借り上げた中央区内のホテルに移り療養や健康観察を受けてもらう取り組みを始めた。病床を症状の重い感染者優先にし、医療崩壊を防ぐ狙い。このホテルに移動するのは100人程度を見込む。小池百合子知事は、最終的に宿泊施設の千室確保を目指す考えを示している。

 都によると、ホテルへの移動対象は24時間以内に37・5度以上の発熱がない感染者。移送や食事、滞在などの費用は公費で賄う。ホテルには都職員や看護師が常駐し、日中は医師も待機する。職員らと感染者は接触しないようエレベーターや通路を使い分ける。