打撃練習するDeNAの宮崎=横浜スタジアム(同球団提供)

 DeNAの宮崎敏郎内野手は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が見通せない状況の中でもルーティンにしている多種類のトス打撃などを連日続けている。7日、横浜スタジアムで行われた非公開練習でも取り組み「感覚を忘れないよう、一定のリズムで行うことを意識している」と球団を通じてコメントした。

 昨季は左手首付近の影響もあって3年ぶりに打率3割を下回ったが、今春のオープン戦で打率3割6分4厘と完全復活を印象づけた。開幕日が決まらず「モチベーションを保つのは難しいが、プロ野球選手として、いつ始まってもいいように準備したい」とした。