「緊急事態宣言直前」と書かれたボードを手に記者会見する福井県の杉本達治知事=7日午後、福井県庁

 福井県の杉本達治知事は7日、国の緊急事態宣言を巡り県庁で記者会見し、県内でも感染拡大が止まらず、医療崩壊が起きかねない状況だとして「緊急事態宣言直前」にあるとの認識を示した。一方、感染経路はおおむね追えているとして、国の宣言対象に含まれないとした。

 県は7日現在で65人の感染を確認。5日には回復傾向にある軽症者や症状がない人向けの一時生活施設を全国で初めて設置し、受け入れを始めた。杉本知事は「病床数が逼迫する中、いかに重症者を治療するかに注力していく」と述べた。

 また、国の緊急事態宣言対象7都府県との往来を含め、不要不急の外出、会合自粛を県民に求めた。