徳島県教委は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、県内公立学校を11日から宣言の期限である5月6日まで臨時休校とする方向で検討に入った。8日に県庁で開かれる新型コロナウイルス感染症対策本部会議で協議して決定し、各市町村教委にも同様の対応を取るよう要請する方針。8、9日の始業式と入学式は予定通り行う。

 関係者によると、7日に全ての県立学校と各市町村教委にメールで事前連絡した。県立高校の中には既に生徒に臨時休校を通知した学校もある。

 県立の中高校36校と特別支援学校11校が予定している8、9両日の始業式、入学式は予定通り開催。10日は休校期間中に健康観察や家庭学習を行うための指導などに充てる。部活動は8日から校内外の練習などを中止する見通し。