ニコラス・セペダ容疑者

 【サンパウロ共同】2016年にフランス留学中の筑波大生黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ容疑者(29)が7日、殺人容疑などでのフランスへの身柄引き渡しを認めたチリ最高裁の決定に異議を申し立てた。弁護士が共同通信に明らかにした。

 最高裁の別の法廷が審理し、結論が出るまで身柄は引き渡されない。審理の期日は未定。異議申し立ては1度しか認められない。

 最高裁は今月2日の決定で、フランス側が求めた引き渡しを認めるに足る十分な証拠があると判断した。容疑者の弁護士は「犯罪の立証がなされていない」と申し立ての理由を述べた。