8日午後0時50分ごろ、上板町西分の町道で近隣住民から「田んぼにトラクターが落ちて、男性が道に倒れている」と119番があった。運転していた近くの無職の男性(72)が徳島市内の病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。死因は左足大動脈の断裂による失血死。

 徳島板野署によると、発見当時、トラクターは町道脇の田んぼに突っ込んだ状態で、男性は5メートルほど後方の町道に倒れていた。

 男性は親戚の田を耕す手伝いをしていた。署は何らかの原因でトラクターのロータリーと左足が接触したとみて調べている。