8日、アフガニスタン・カブール北方にあるバグラム米空軍基地近くの収容施設から解放されたタリバンの捕虜ら(ロイター=共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタン政府は8日、反政府武装勢力タリバンの捕虜100人を解放したと発表した。2月末の米タリバンの和平合意に基づく初の解放。タリバンは「前進」と評価したが、合意に定められた5千人を無条件で解放するよう求めており、和平に向けた先行きは不透明のままだ。

 国家安全保障会議(NSC)のファイサル報道官によると、健康状態や年齢などを考慮して選定、首都カブール北方のバグラム米空軍基地近くの収容施設から解放された。いずれもタリバンが政府と共有したリストに含まれるメンバーで、再び戦闘に参加しないことを確約したという。