新型コロナウイルスの軽症者らを受け入れる宿泊施設の前で、運営スタッフとして常駐する神奈川県職員に訓示する黒岩祐治知事=9日午後、神奈川県葉山町

 神奈川県は9日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、同県葉山町の宿泊施設「湘南国際村センター」で、無症状者や軽症者の受け入れを始めた。約100室あり、医療機関に入院している感染者を移動。黒岩祐治知事は現地を視察後、記者団に「医療機関の負担を減らすため、さらに受け入れ施設を増やしたい」と述べた。

 受け入れに先立ち、県は報道陣に施設を公開した。県職員約20人がローテーションで24時間詰め、医師は電話で対応する。高齢者や持病がある人は受け入れない。

 県は医療崩壊を防ぐため、酸素吸入が必要な中等症の感染者の入院先を指定するなど、症状に応じた対応を進めている。