日本航空傘下の格安航空会社(LCC)「ジップエア トーキョー」(千葉県成田市)は9日、5月14日に予定していた成田―バンコク線での初就航を延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動制限で、就航は厳しいと判断した。旅客需要の激減による経営環境の変化を受け、航空業界では事業計画の見直しが相次ぐ。

 成田空港を拠点とするジップエアは日航の完全子会社。バンコク線の新たな就航時期は未定としている。7月1日を予定している成田―ソウル線の就航は現時点で変えない考えだが、今後の状況次第で延期となる可能性がある。