日清紡ホールディングス(HD、東京)は9日、新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足解消のため、日清紡テキスタイル徳島事業所(徳島市川内町中島)で医療用マスクの耳掛け部材に使う原料を増産すると発表した。

 徳島事業所では、伸縮性や耐久性に優れたポリウレタン製テープを生産し、マスクの耳掛け部材の原料として海外メーカーに出荷している。夏にかけ、仕上がったテープを巻き付ける筒の製造装置を増強。生産能力を現状の約2倍の年約6億枚分に引き上げる。投資額は非公表。

 日清紡HDは、徳島事業所のほか、インドネシアの工場でドレスシャツ用生地の生産ラインを転用し、布マスク向けガーゼ生地の生産を開始。グループのシャツメーカーでも、シャツ用生地を使った布マスクの販売を始めた。「マスク不足は深刻な問題。繊維事業の生産体制を見直し、マスク関連製品の生産を優先して取り組む」としている。