[磯]<福村>9日、水温13・1~14・1度。朝は波が高かったが、次第に穏やかになった。阿南市の大西勝さんが中黒胴と一番ホロロで32~40センチのチヌ5匹と31センチのマダイ1匹。東では32~37センチのチヌ4匹と36、38センチのウマヅラハゲ2匹。

 <中林>9日、東の風で波も少し高かったが、次第に穏やかになった。チヌは、高崎で板野町の竹縄重樹さんが42~50センチを5匹。藍住町の森下昇さんは40~45センチを3匹と30、32センチのグレ2匹。別の人は38、43センチを2匹と30センチのグレ1匹。

 <津島>9日、下り潮で水温14・3~15度。グレは、ワレスベリで31~47センチを6匹。西で29~42センチを5匹と44センチのイシダイ1匹。佐尾山で33センチを1匹。サンゴ東で28~41センチを4匹。

 <高知・甲浦>8日、水温16・7~17・3度。グレは、銀座バエで30~37センチを8匹。ミツバエは西で32、41センチを2匹。中で30~36センチを4匹。エボシは32、37センチを2匹。浅草バエで31センチと44センチのイシダイを各1匹。

 [波止]<島田島>9日、早朝の2時間、鳴門市の本間大地さんが、釣った魚を餌にハリス3号でチョイ投げし、57センチのヒラメ1匹。8日も59センチを1匹と57センチのスズキ1匹。

 <津田沖ノ一文字>9日、南東の風が少し吹いた。水温12・5度。赤灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで40センチのチヌ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>9日、中央周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで35センチのチヌ1匹。8日は、日没前から3人がルアーで20~30センチのメバルを各自20~30匹と40センチのキジハタ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>9日、水深40メートル前後の場所で4人がサビキ仕掛けで25~47センチのマアジを各自25~57匹。8日は、水深60メートル前後の場所で10時から6時間、自家用船で阿南市の人ら3人がタイラバージグで、30~78センチのマダイ13匹と30センチ前後のホウボウ2匹、同型のマハタ1匹。

 <牟岐沖>9日、2人が沖アミを餌にフカセ仕掛けで25~35センチのイサギ30匹。

 <高知・室戸沖>9日、波風ともに穏やか。潮は安定せず水温17・2度。仕立船で2人が60~75センチのマダイ18匹と80~85センチのブリ5匹、80センチ前後のメダイ3匹。

 [イカダ]<宍喰>9日、沖のカセは1号で2人が30~40センチのグレ23匹。(県釣連盟報道部)