イチゴを買い求める人でにぎわう直売所=阿波市土成町のイチゴ直売所

 阿波市土成町でイチゴが収穫最盛期を迎えている。国道318号沿いの「フルーツロード」では、期間限定のイチゴ直売所が軒を連ね、春の味覚を求める人でにぎわっている。

 御所観光いちご組合の原田実会長(68)=土成町=の直売所には、真っ赤な「さちのか」がずらりと並ぶ。当日朝に収穫して箱詰めし、粒の大きさによって1キロ千~2千円で販売している。直売所内には甘い香りが立ちこめ、訪れた人は笑顔でイチゴを買い求めた。

 フルーツロードには13軒の直売所がオープンし、連日午前9時ごろから売り切れまで開店している。店によっては6月上旬まで営業している。