幕末の徳島藩医・関寛斎(1830~1912年)と妻あいの生涯を描き、5月と6月に京都・南座や東京・新橋演舞場などで上演される予定だった歌芝居「あい―永遠に在り」が、中止されることが決まった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、観客の安全に配慮した。

 「あい」は髙田郁さんの同名小説が原作。あいを歌手の石川さゆりさん、寛斎をジャニーズ事務所所属の内博貴さんが演じる予定だった。

 5月22、23日の南座公演を鑑賞する日帰りバスツアー中止についての問い合わせはエアトラベル徳島<電088(625)0220>。