JR四国は10日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、30日までとしていた一部特急列車の運休を、5月17日まで延長すると発表した。県関係は徳島―高松間の「うずしお」と徳島―阿波池田間の「剣山」各1往復、計4本が対象。いずれも3月24日から運行を取りやめている。

 5月2日から運行を再開する予定だった観光列車も当面運休する。再開時期は未定。