新型コロナウイルスの影響で困窮する人たちの相談に応じる「チームひとざい」のメンバー=徳島市のスタジオ

 新型コロナウイルスの影響で経済的苦境に陥った人らを支援する番組「コロナ被害者に力を! 生YouTubeで人生相談」が10日夜、動画投稿サイト「ユーチューブ」で始まった。県内の弁護士や税理士らでつくる「チームひとざい」が企画。顧客の減少や資金繰りなどの相談約15件が寄せられた。

 マスクを着用した弁護士や司法書士、税理士、1級ファイナンシャルプランニング技能士の5人が徳島市のスタジオに集まり、メールやチャット、電話での質問に答えた。同市の宿泊施設経営者は「予約がすべてキャンセルになり先行きが見えない」と悩みを打ち明け、感染拡大の影響で収入面に不安があるタクシー運転手は実家の売却について相談した。弁護士の立石量彦さん(44)らが「考え得る最悪の事態を受け入れる覚悟を持てば、冷静に対策を講じることができる。不動産の売却を検討しているなら、準備は早めに始めたほうがよい」と助言した。

 番組は4月中の金曜午後7時から、ユーチューブのチームひとざい公式チャンネルで配信される。ライブ配信前の相談は電子メール<ozaki.d@hitozai.sakura.ne.jp>で、配信中は電話<088(679)6624>やチャットで受け付ける。