うっすらと雪が積もったファガスの森・高城=12日午後1時ごろ、那賀町沢谷(相原朝生さん提供)

 12日の徳島県内は前線や低気圧の影響で雨や雷雨となり、日中の気温は2月上旬~3月上旬並みとなった。那賀町沢谷の剣山スーパー林道沿いのレストハウス「ファガスの森・高城」(標高約1300メートル)周辺では降雪があった。

 レストハウスを運営する平井滋さん(71)によると、午前9時ごろには雪が降っており、氷点下2度まで冷え込んだ。日中もみぞれになったり、雪が降ったりした。標高1500メートルの地点では5センチの積雪を観測したという。

 午後1時ごろ、写真を撮影したアマチュアカメラマンの相原朝生さん(68)=徳島市=は「4月中旬の雪は20年余り通い続けて初めて。貴重な写真が撮れた」と話した。

 徳島地方気象台によると、最高気温は徳島市11・8度、美馬市穴吹町9・1度、三好市池田町8・0度など平年を6~11度下回った。

 13日の県内も北部を中心に断続的に雨が降り、雷を伴う所がある見込み。