本を読みながらオリジナルコーヒーが飲める図書館

2階・美馬市立図書館の中央にある閲覧スペース

 ちょっとしたスペースに置かれた背もたれの高いソファ、柔らかな光を灯す間接照明、壁一面をガラス張りにした縁側。どこを切り取っても絵になる「ミライズ」は、2018年にオープンした美馬市の公共施設だ。市民ホールや観光情報発信センター、子育て支援センターなどが入る。

1階の「縁側のハコ」。打ち合わせや団らんに使われる

 驚くべきはデザイン性の高さ。特に、2階にある美馬市立図書館はラグジュアリーな雰囲気すら漂う。入ってすぐの一角にはカフェコーナーがあり、オリジナルブレンドコーヒー(100円)やカフェラテ(150円)を飲みながら本が読める。図書館中央には剣山をモデルに植栽を巡らせた閲覧スペース、南側には吉野川を望むテラスも。どの席で本を開くか、迷うのも楽しい。

ドリンク片手に読書ができる図書館内の「梲(うだつ)珈琲」

 ミライズには会議から軽い運動まで多目的に使える「活動のハコ」、完全防音で気がねなく音楽の練習ができる「奏でるハコ」など多彩な「ハコ」があり、利用の幅は広い。西側広場では、ほぼ月1回、マルシェを開催。飲食ブースや雑貨販売、体験コーナーなど約35店が並び賑わう。

住所=美馬市脇町猪尻西分116-1
営業時間=9時~22時
無休
駐車場=あり
問い合わせ=0883-53-1101(施設の予約電話は9:00〜20:00)