徳島市バスの乗車口に設置された消毒液

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、徳島市は15日、交通局が運行する5路線のバス23台に消毒液を設置した。

 5路線は▽東部循環線▽南海フェリー線▽中央市場線▽津田新浜線▽上鮎喰線。乗車口に置き、車内アナウンスで利用を呼び掛ける。運輸規定で火気類を持ち込めないため、アルコール成分は含んでいない。

 運行前につり革や手すり、降車ボタンなど乗客が触れる部分の消毒も始めた。同局営業課は「乗車時に手を消毒し、感染防止に協力してほしい」としている。徳島バスに運行を委託している14路線での導入は未定。