源純夏さん後輩にエール

 シドニー五輪の競泳女子400メートルメドレーリレーで銅メダルを獲得した源純夏さん(21)=中大三年=が16日、母校の城南高校生徒会が開いた「シドニーでの活躍を称(たた)える会」に出席し、全校生徒から大歓迎を受けた。

 体育館であった称える会には、全校生徒と教職員ら約1200人が出席。源さんは、銅メダルを手に「これまで日本人が世界と競うことのできなかった種目で最後まで戦うことができた。私にとって、このメダルは金メダルと同じ価値がある」と満足そうに語った。

 この後、前期生徒会長の大島康裕君=二年=ら生徒代表三人によるインタビューがあった。今後の抱負について源さんは「水泳選手としては来年七月の世界選手権を目指して頑張りたい。大学卒業後は、いろいろな世界が見られる仕事に就きたい」とにこやかに話した。また在校生に対して「それぞれの目標に向かって最後の一瞬まであきらめないでほしい」とメッセージを送った。

※日付・年齢などは2000年10月17日掲載時のもの

徳島新聞社など全国24メディアが協力した、コラボレーション報道「コトバのチカラhttps://powerofwords.jp/)」との連携企画記事