徳島県警によると、春の全国交通安全運動期間中(6~15日)に県内で発生した人身事故は69件で、前年の期間中より2件減った。死者1人(前年2人)、負傷者79人(83人)で、いずれも前年を下回った。死亡事故は8日、上板町西分の町道で発生。近くの男性(72)が運転するトラクターが田んぼに転落した。

 新型コロナウイルスの影響で、県警は期間中のキャンペーン活動を縮小した。