対策本部会議で各部局からの報告を聞く内藤徳島市長=市役所

 徳島市長選で初当選した内藤佐和子市長(36)が18日、市役所に初登庁した。当初は週明けの20日に予定していたが、新型コロナウイルスの感染増加に対応する政府の緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受け、任期が始まった初日に対策本部会議を本部長として緊急招集した。

 会議には部長級以上の18人が出席した。内藤市長は「スピード感を持って国難と言える課題に当たりたい」とあいさつ。各部長らから各施設の感染防止策や学校の臨時休校などの現状、今後の課題について説明を受けた。最後に「今後、本市で感染が急増しないよう、状況の変化に迅速に対応できる態勢を整えたい。気を引き締めてほしい」と訓示した。

 20日は市役所玄関前で職員が出迎える予定を変更し、市長室前で幹部職員だけで応対する。