内藤佐和子氏

 全国歴代最年少の女性市長として徳島市長に就任した内藤佐和子氏は、県内で初めての女性首長となった。

 県内ではこれまで県知事選や旧池田町長選、旧山川町長選などに女性が立候補したケースがあったが、いずれも当選しなかった。2002年4月の知事選では、元会社員の女性が自民党などの支援を受けて出馬したものの、当時の民主党などが推薦する元県議に敗れた。

 県内初の女性首長誕生について、県男女共同参画リーダー連絡会の瀬尾規子会長(64)は「女性の視点を生かした変革に期待している。子育て世代や若者の声をくみ上げてほしい」と話している。