吉野川ハイウェイオアシス

 徳島県東みよし町足代の吉野川ハイウェイオアシスを運営する第三セクター・吉野川オアシスは、20日から1週間程度、子ども食堂を開く。新型コロナウイルスの影響で休校が続いている高校生以下の子どもたちを対象に食事を振る舞う。

 吉野川ハイウェイオアシスの敷地内にあるレストラン・四季彩館で、午前11時から午後2時まで実施する。料金は100円で、準備する食材に限りがあるため売り切れ次第終了する。初回の20日のメニューはカレーを予定している。

 臨時休校中の子どもを元気づけようと企画した。予約客の減少で余った食材を活用し、容器を持参すれば持ち帰りもできる。「密閉」や「密接」を避けるため、窓を開放し、間隔を空けて椅子を配置する。

 吉野川オアシスの五十畑哲取締役は「感染予防策を徹底するので、安心して食べに来てほしい」と来場を呼び掛けている。