会見で記者の質問に答える内藤市長=20日午後、徳島市役所

 徳島市の内藤佐和子市長は20日、市役所で就任会見を開き、当面は新型コロナウイルスの感染防止対策に重点を置く考えを明らかにした。新ホール事業や広域ごみ処理施設計画など、課題となっている施策については「感染防止策を進めながら、できるだけ早期に取り掛かる」と述べた。

 内藤氏は、新型コロナ対策について「私に課せられた最優先課題。市の実情を踏まえて効果的に行いたい」と強調。国の臨時交付金などを活用し、まず子育て世帯や飲食店を支援する考えを示して「詳細な制度設計を早急に行う」と語った。市民に対しては「県内は封じ込めができているが、徳島市が安全だと思うのは違う。外出は自粛してほしい」と訴えた。

 新ホール事業など、前市長から継続する課題については「道筋を付けないといけない事業は山積している。(担当部局の)説明を聞いて粛々と進めたい」と話した。

 公約に掲げた阿波おどり実行委員長就任は「何も分からない状態で委員長になるのは時期尚早」と説明。今夏の阿波踊りに関して「中止を決めてほしいとの声を多く聞く一方、観光事業者からは、中止すれば(経営が)厳しいとの意見もある」と指摘し、実行委と協議してゴールデンウイーク前に開催の可否を判断するとした。