今夏の阿波通りを中止する方針を発表する内藤市長

 徳島市の阿波踊りを主催する阿波おどり実行委員会は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8月12~15日に予定していた今夏の阿波踊りの中止を決めた。

 政府の緊急事態宣言が全国に広がり、各地でイベントの中止が相次いでいる上、市内で初めての感染者が確認されたのが理由。内藤佐和子市長が実行委に提案し、全会一致で了承された。4日間全ての中止は戦後初めて。

 内藤市長は市役所で記者会見を開き「400年以上の歴史がある阿波踊りの中止は非常に残念だが、感染者が急増する恐れもあり、市民や観光客の安全を考慮した。実行委としても苦渋の決断だった」と述べた。