高校野球の第99回全国選手権徳島大会第10日は23日、鳴門オロナミンC球場で2回戦1試合と準々決勝2試合が行われ、第1シードの鳴門渦潮と第2シードの生光学園がそろって4強入りした。

 生光学園は第3試合で穴吹と対戦し、九回に1点を挙げて劇的なサヨナラ勝ちを収めた。鳴門渦潮は第2試合で富岡西に11―1で五回コールド勝ちした。第1試合は小松島西が延長十回の接戦の末、2―1で名西にサヨナラ勝ちした。

 大会第11日の24日は午前10時から準々決勝の残り2試合が行われ、ベスト4が出そろう。

 大会第10日

  ◇2回戦

  第1試合(9:00~)鳴門オロナミンC球場

  名  西 000 000 010 0  1

  小松島西 000 000 100 1X  2

        (延長十回)


  ◇準々決勝

  第2試合(11:37~)鳴門オロナミンC球場

  富 岡 西  000 10  1

  鳴門渦潮 1010 0×  11

        (五回コールドゲーム) 


  ◇準々決勝

  第3試合(13:40~)鳴門オロナミンC球場

  穴  吹 000 000 000  0

  生光学園 000 000 001X  1