新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が徳島県にも出たことを受け、徳島地裁・家裁は、5月1日までに県内の支部、簡裁、出張所で予定されていた期日を原則取り消すと決めた。7日以降に再指定する。

 予定されていた期日のうち、刑事裁判8件と民事裁判の更正登記手続請求1件は開く。令状の発布や保釈、書類の受付などの業務は通常通り行う。期間中に予定されていた債権者集会15件は取り消しになった。

 家裁では、児童福祉法に基づく一時保護事件や審判前の保全事件など、急を要する事件を除いて原則期日を取り消す。