感染終息を願い、練習に励む市民ランナー=徳島市

飛沫感染を抑えるため、人気を集めるアイテム。フェイスマスクにも使える

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、マラソン大会や練習会の中止だけでなく、ランニングそのものにも広がってきました。走った際に呼吸が大きくなると、周囲へ飛沫(ひまつ)を浴びせる可能性が指摘されており、もしランナーが無症状の感染者なら大変。これまでは健康の維持増進で推奨されてきたランニングも、若干肩身が狭くなってきたような気がします。

 海外の研究では、飛沫を避けるために前の人と10メートルほど離れる必要があるようです。テレビで都会のある公園が映っていましたが、確かに人が多いですね。地方なら小規模なマラソン大会レベルです。

 まあ私自身は意識低い系ランナーなので、呼吸が大きくなるような激しい練習をしていないから大丈夫。そもそも都会と違って人が少ないし・・・という考えは通用しませんね。ランニングの自粛要請が出ないとも限らない事態です。

 ランニング時のエチケットとしてソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の徹底、さらにはマスクの着用を呼び掛ける声が上がっています。実際に周囲ではマスク姿のランナーが徐々に増えてきました。

 とはいえ、品薄状態のマスク。大切に使わなければなりません。走るためだけにマスクの使い捨てを繰り返してはバッシングの嵐です。そんな中、バンダナやネックウォーマー、リストバンドなどに利用できる布製のアイテムが、マスクの代用品として注目されています。

 早速買いました。伸縮性があるのでフェイスマスクのように使え、飛沫も十分抑えられるでしょう。走ってもずれ落ちることはありません。もちろん普段より息苦しさはありますが、逆に心肺機能が鍛えられるのかな、という淡い期待もあります。

 感染終息の気配はまるでなく、今秋以降のマラソン大会開催も不透明な状況。モチベーションを維持するのが難しいです。「ま、今日は自粛でいいんじゃないですか? 風も冷たいし」と“心の中のリトル(矢)”の誘惑に負け、家にこもる日が増えてきたような。でも外に出ないとストレスはたまる一方。生活していても走っていても息苦しい日々が当分続きそうです。(矢)