「STOP!感染拡大」などのメッセージが入ったマスク=徳島市川内町榎瀬のアスペック

 販促グッズ企画販売のアスペック(徳島市)は、布マスクに言葉やロゴを印刷する「メッセージマスク」の受注販売を始めた。新型コロナウイルス感染拡大防止の啓発に役立ててもらおうと企画。くしゃみやせきへの目を気にする人が「花粉アレルギーです」などの文言を入れることもできる。

 縦10センチ、横18センチ。抗菌防臭加工された綿100%の生地を都内の問屋から仕入れ、県外の特殊印刷会社でプリント、縫製する。健康上問題のないインクを使う。絵柄は自由で、注文者にデータを作成してもらう。

 同社では2009年から広告入りの使い捨てマスクを販売していた。感染拡大を受け、広告代理店から「花粉症やぜんそくの人が周囲を気にしてくしゃみやせきができないので、感染者ではないことを示すメッセージ入りマスクを作ってほしい」と依頼があったのがきっかけ。在庫のない使い捨てマスクに代わって布マスクの注文を受けることにした。

 最少50枚(1枚税抜き750円)から。17日にホームページで受け付けを始め、県内外の広告代理店やプロスポーツクラブなどから問い合わせが相次いでいるという。石井清社長(55)は「みんなで啓発し、少しでも明るい気分でコロナ禍を乗り越えたい」と話している。