徳島県は、職務中に業務用パソコンで業務に関係ないインターネットサイトを閲覧していたとして、県土整備部の50代課長補佐級男性職員を文書訓告処分にした。

 人事課によると、男性職員は昨年12月から今年1月にかけ、パソコンで釣り具などのショッピングサイトを計約300ページ分、閲覧した。監視していた県スマート県庁推進課が見つけた。上司の50代課長級男性職員も監督責任を問われ、口頭注意処分を受けた。処分はいずれも3月30日付。