徳島県警生活環境課と阿波吉野川署は27日、徳島市、無職の容疑者の男(77)を出資法違反(超高金利)の疑いで再逮捕した。

 無登録で貸金業を営業し、2018年4月初旬ごろ、小松島市の50代アルバイト女性に法定利息(1日当たり0・3%)を上回る0・32%で10万円を貸し付けたほか、20年3月下旬ごろ、吉野川市の70代自営業男性に1日当たり0・31%の利息で20万円を貸し付けた疑い。

 容疑者は7日にも貸金業法と出資法違反で逮捕されている。容疑を認めている。