徳島県庁

 徳島県は、新型コロナウイルスの感染拡大により経営が悪化した中小・小規模事業者の資金繰りを支援するため、国の緊急経済対策と連動して金融機関からの借り入れを3年間無利子、保証料を無料にする制度を導入する。5月1日から始める予定で、2020年度一般会計補正予算案に国補助55億6千万円と合わせて57億6千万円を計上した。

 県内で事業を行っている中小・小規模事業者が対象で、新型コロナの影響で収入が減少し、国のセーフティネット保証4号・5号、「危機関連保証」のいずれかの認定を受けることが要件。各金融機関が設定した利子の当初3年分と、信用保証協会に払う保証料をそれぞれ補助する。

 無担保で、既存の借入金からの借り換えにも利用できる。融資額は3千万円以内で、融資期間は元本返済の据え置き5年以内を含め10年以内。融資は県内の地方銀行や信用金庫など12の金融機関で取り扱う。

 実質無金利、無担保の融資は政府系金融機関が手掛けている。申請が相次いでいることから、民間金融機関にも拡大して迅速に対応する。