日本中学校体育連盟(中体連)は28日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今夏に東海地方で予定された全国中学校体育大会(全中)の中止を決めたと発表した。同日、都道府県レベルの中学校体育連盟などに通達した。中体連によると、全中の中止は初めて。冬季大会の駅伝やスキー、スケートなどの開催可否は引き続き検討する。

 全中は8月17~25日に岐阜県、静岡県、愛知県、三重県で陸上や水泳などを行う計画だった。中体連は「中学生アスリートにとって五輪に匹敵する夢舞台」と意義を強調した上で「感染拡大に伴い、関係する全ての皆さまの命と安全を守るため、苦渋の決断をするに至った」と説明した。

 今夏の東京五輪・パラリンピックの1年延期が決定し、全国に緊急事態宣言が拡大される厳しい現状で、多くの中学校が臨時休校措置となっている。

 既に各地区で中止を決めた予選大会があり、義務教育であることを加味して公平性の観点からも早期に判断した。

 徳島県内では郡市総体が6月中下旬に、県総体が7月4~26日に予定されているが、8月1~9日に四国4県で予定されている四国総体とともに、予定通り開催するかどうか決まっていない。

 半世紀以上の歴史がある今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)も26日に史上初となる中止が決定。同時期にある全国高校野球選手権大会(甲子園)の開催判断にも影響しそうだ。

 徳島県中体連の谷川健二会長(藍住中校長) 全中を目標に頑張ってきた生徒や指導者の夢を実現させてあげることができず、断腸の思いだ。ただ、新型コロナウイルス感染が終息していない状況であり、生徒の安全・安心を第一に考えると、仕方のない判断だと思っている。