徳島駅前のアミコビルを運営している徳島市の第三セクター・徳島都市開発は28日、株主総会と取締役会を開いた。一宮信牲代表取締役社長(62)が任期満了で退任し、後任社長が決まるまでの間、社長代理を務める代表取締役副社長に同社の西野利彦専務(65)を選んだ。

 後任社長について西野氏は「これまで通り大株主の徳島市から招いた人と考えている」と言っており、市は「検討中」としている。一宮氏は、そごう徳島店撤退決定の責任などを理由に退任の意向を示していた。