記念すべき第1回の作品は、掛け値なしに楽しめる航空パニック映画の快作「フライト・ゲーム」(2014年、ジャウム・コレット=セラ監督、リーアム・ニーソンなど出演)だ。

(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. STUDIOCANAL S.A.

 航空保安官のビルは、任務のために一般客を装って旅客機に乗り込んだ。離陸後間もなく、ビルの携帯電話に機内の何者かから「指定の口座に1億5千万ドルを送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す」との脅迫メールが届く。ビルは独自に捜査を始めるが、監視をかいくぐって乗客が次々と犠牲になっていく。

 原題は「ノンストップ」。文字通り、息つく暇もないストーリーが展開する。いったん飛べば、逃げ場なしの「密室」と化す旅客機の機内という舞台設定。否が応にも緊張感をあおる絶好の定番シチュエーションに、ミステリーとサスペンス、パニック、アクションを詰め込んだ、いわゆる「全部盛り」で仕上がっている。

(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. STUDIOCANAL S.A.

 乗客乗員150人を容疑者にした犯人探しに始まり、衆人環視の機内で予告通りに殺人が実行されていく様相が緊迫感を高める。終盤は一転して、機内に設置された爆弾を巡る混乱と、真犯人との対決を盛り込んだ迫力満点のクライマックスに突入していく。

 静から動へと転じるメリハリの利いた演出は心憎いばかり。全く先の読めないスリリングな展開も相まって、最初から最後まで飽きさせない。娯楽映画ならではの醍醐味(だいごみ)を存分に味わわせてくれる作品になっている。(記者A)

【記者A】 映像ソフト専門誌編集者、フリーランスの映画ライターを経て徳島新聞記者を務める。映画関連記事の編集や執筆、インタビュー、ロケ現場の取材などに長年携わり、1年間で365本鑑賞した年もあるなど、映画をこよなく愛する。

 

ブルーレイ版1800円/DVD版1200円(税抜き、発売元 ギャガ/販売元 ハピネット)