小松島市役所

 徳島県小松島市の浜田保徳市長が孫田勤前副市長を解任した経緯などを調べる市議会の副市長解職調査特別委員会は30日、浜田市長による部下へのパワーハラスメントや特定業者との契約の指示があったと認め、市の公務員倫理条例に違反していると結論付けた。

 特別委は、孫田氏が証拠として提出した音声データのほか、浜田、孫田両氏への質問状の回答から、パワハラとみられる浜田氏の発言や行為があったと認定。一般廃棄物最終処分事業の今後を巡り、三好市の廃棄物処理業者と契約するよう指示した点については「市長は特定の事業者を有利に扱わない」とする倫理条例に抵触していると指摘した。

 特別委は同日、この内容の調査報告書を前川英貴議長に提出し、解散した。今後、市のホームページなどで公開する。