徳島県警組織犯罪対策課と徳島板野署は30日、小松島市、会社員の容疑者の男(54)=同罪で起訴=を16日に大麻取締法違反(所持)の疑いで再逮捕したと発表した。

 再逮捕容疑は、14日に小松島市内の勤務先で大麻草約110・3グラムを所持したとしている。県警は大麻草約1・7グラムを勤務先で所持したとして、同法違反の疑いで3月26日に容疑者を現行犯逮捕していた。

 署によると、薬物を所持しているのではないかとの情報提供があったという。供述から勤務先の資材置き場に隠している大麻草を見つけた。「自分で使用するためだった」と容疑を認めている。入手経路などについて調べている。