徳島県高校体育連盟は1日、鳴門渦潮高校で臨時常任理事会を開き、6月5~8日(一部競技は前倒し実施)に予定されていた第60回県高校総合体育大会の中止を決めた。県総体の中止は初めて。

 県高体連は中止の理由について▷新型コロナウイルスの感染が拡大する中、選手らの健康・安全を確保するのが難しい▷休校措置で練習時間の確保が困難なため、けがや熱中症など事故の発生が危惧される―などとしている。

 全国高校総体(インターハイ)、四国高校選手権の中止も既に決まっており、これで全ての高校総体が中止となった。県高体連は、県総体の代わりとなる大会の開催に向け、各競技専門部と協議を続ける。