徳島市役所

 徳島市は1日、新型コロナウイルスの感染防止策や市民への支援策などを検討する「新型コロナウイルス感染症対策推進室」を設置した。

 推進室は15課・室の課長補佐級職員ら17人で構成。1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」の申請を受け付けるほか、感染防止策の情報共有、市民への情報発信などを担う。

 市役所で辞令交付式があり、内藤佐和子市長がリーダーの須藤浩三理事らに辞令を渡し「スピード感と緊張感を持ち、市民のニーズに応えてもらうために集まってもらった。まずは給付金を早く市民に届けるよう取り組んでほしい」と訓示した。