鳴門署

 徳島県警捜査2課と鳴門署は1日、鳴門市内の飲食店に花輪を贈ったとして市民から刑事告発されていた同市の市議(60)を公職選挙法違反の疑いで徳島地検に書類送検した。

 送検容疑は、昨年12月、飲食店の10周年記念に自身の名前などを記した花輪を贈ったとしている。

 公選法は政治家による選挙区内の人や法人への寄付を禁じている。花輪を贈った時から次期市議選まで2年近くあることに加え、通常の社交の程度を超えているかを検討した結果、県警は不起訴を求める意見書を付けたとみられる。

 市議は「認識不足だった。今後は注意したい」と話している。市議は2017年11月に初当選し、現在1期目。