徳島市役所

 徳島市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校を24日まで延長することを受け、放課後児童クラブ(学童保育)の預かり時間を、地域の実情に応じて朝から開所するなど柔軟に変更するよう、市内46施設に通知した。

 学童保育は3月以降、一部を除いて通常は放課後からの預かり時間を、午前8時ごろからに延長している。市は当初、臨時休校を5月7日以降も継続する場合、支援員の負担を軽減するため、預かり時間を午後3時からとする方針を示していた。

 自宅で過ごすのが難しい子どもを午後3時まで学校で預かる取り組みも継続するが、対象は小学校1~3年生と特別支援学級の児童に限定している。このため、複数の学童保育関係者や保護者から「4年生以上の児童を朝から預かる場所がほしい」などの声が上がり、方針を変更した。