徳島県上板町と鳴門市の高齢者宅などに4日、警察官をかたる不審電話が6件あった。県警は特殊詐欺の前兆となる「アポイント電話」とみて注意を呼び掛けている。

 県警捜査2課によると、上板町では正午~午後1時に4件、鳴門市では午後3時50分~4時ごろに2件あった。いずれも警察官をかたる男や女から「特殊詐欺グループから押収した名簿にあなたの名前やキャッシュカードの情報があった。被害に遭っていないか」などと電話があった。6人とも不審に思って電話を切り、警察に相談した。

 県警は「警察官がキャッシュカードの暗証番号などを電話で聞き出すことはない」としている。