政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)は4日、長丁場の感染拡大に備えた「新しい生活様式」をまとめて提言した。マスク着用、手洗いをはじめ「人との間隔は2メートル(最低1メートル)」「誰とどこで会ったかをメモ」「食事は対面ではなく横並びで」といった、事細かな具体策を盛り込んだ。

 「感染対策」「基本的生活様式」「場面別の生活様式」「働き方」の四つで構成。

 まず外出や会話は症状がなくてもマスク着用で。他人と2メートル離れ、真正面での会話はしない。発症したときに備え、誰とどこで会ったかをメモする。帰宅したら30秒かけて手を洗い、シャワーを浴びて着替える。

 密集、密接、密閉の「3密」を避け、検温を毎朝し、換気はこまめに。

 買い物はすいた時間に1人か少人数で素早く。店の展示品には触れず、レジでの支払いも電子マネー。料理は大皿には盛り付けない。おしゃべりは控えて、対面ではなく横並びに座って食べる。

 ジョギングは少人数で、すれ違うときは距離を取る。公園利用はすいた時間、場所を選んで。

 テレワークやオンライン会議で職場の人を減らし、名刺交換もオンラインで。電車やバスのラッシュアワーを避け、徒歩や自転車も併用する―などとした。

 専門家会議はこのほか、職業別のガイドライン作成も要請。共通の注意点として「テーブルやドアノブをこまめに消毒」「施設内は換気し、軽度でも発熱やせきがある人は入場しないよう呼び掛ける」などを挙げた。

 感染のリスクが高いトイレなどについては「便器のふたを閉めてから流す」「ハンドドライヤーは使わない」「ごみを回収する人はマスクや手袋を着け、脱いだら必ずせっけんで手を洗う」と強調した。