徳島中央署は6日、兵庫県、自称会社役員の男(56)を道交法違反の疑いで現行犯逮捕。その後、知人女性を殴ってけがを負わせた傷害の疑いで再逮捕した。6日午前6時50分ごろ、徳島市のホテルの客室で、内縁関係にある県外の20代女性の顔面などを複数回殴打し、約1週間のけがを負わせた疑い。男はチェックアウトして車で逃走。午前7時50分、同市中常三島町1の国道で信号無視をした疑い。

 調べに対し、男は傷害容疑を否認している。言動に不審な点があるため、徳島中央署は刑事責任能力の有無について慎重に調べる。