世界中の貝が展示されているモラスコむぎ=牟岐町灘

 改修工事のため休館していた牟岐町灘の貝の資料館「モラスコむぎ」が1日、リニューアルオープンした。

 展示内容は変わらず、約2千種類の世界の貝が紹介されている。地域住民らが訪れ、近くの小島鶴美さん(64)=パート職員=は「改めて貝の種類の多さに感心した。今後の施設のイベントなどが楽しみ」と話した。

 工事は6月から始め、雨漏りしていた屋根を修復したり、バリアフリーのトイレを備え付けたりした。本年度中に期間限定で魚などと触れ合うタッチングプールを設置する。

 資料館を管理するNPO法人「カイフネイチャーネットワーク」は6日、改修後初のイベントとして近くの磯の生物を観察する「磯の生きもの調べ会」を開く。申し込みや問い合わせは同法人<電090(5499)8391>。