徳島県教委は8日、県内公立小学校の男性教諭(28)が自身の会員制交流サイト(SNS)に不適切な投稿をしたとして戒告処分にした。

 県教委によると、男性教諭は春休み期間中だった3月25日と4月7日、インスタグラムに、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校を喜ぶ内容の写真と文字を投稿した。両日とも投稿時は勤務時間外だった。すでに削除されている。

 県教委教職員課の小倉基靖課長は「児童生徒を指導する立場にある教員が不適切な発信を行ったことを重く受け止める。再発防止を図る」と話した。