オードブル

 県産の野菜を使った天ぷらや、自家製麺のうどんを中心に提供する海陽町奥浦の料理店「麺処 料理茶屋 洒楽」。テークアウトメニューで好評なのが、8種類の料理が楽しめる4、5人前のオードブル(3780円)だ。

 海陽町のキュウリ、鳴門市のレンコン、阿波市のホウレンソウなど、県内各地の農家から直接取り寄せた野菜をふんだんに使う。棒々鶏(バンバンジー)、ゴマあえ、煮物など、多彩な味付けで新鮮な野菜の食感を楽しめる。唐揚げの下味にはうどんだしを使い、あっさりとした味わいだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で3月下旬から客足の落ち込みが続いているが、乃一美智子店長(42)は「メニューを考える時間ができた」と前向きに捉えている。「料理するのが面倒だと思ったら、注文してもらって快適なステイホームにしてほしい」と呼び掛け、これを機に店の魅力を知ってもらうつもりだ。8日から昼間(午前11時~午後2時)のみ営業を再開した。

 2、3人向け(2700円)や日替わりの総菜を使った弁当もある。

 前日までに予約が必要。日曜定休。洒楽TEL0884(70)1456、乃一さんTEL080(6286)8298。