[渓流]<那賀川>16日、南川は笹濁りで50センチほど増水して流れも速く釣りづらかった。現地で採取した川虫を餌に6時から3時間ほどサオを出した人が18センチ前後のアメゴ9匹。同行の人は1時間弱サオを出し18センチを1匹。

 [磯]<福村>16日、北の風が少し吹いたが穏やか。水温13・7度。潮の色も良くなり荒れ後で魚の活性が上がったようだ。淡島回りの一番胴で35~50センチのチヌ10匹と好釣果。早めの13時ごろに納竿した。

 <大島>16日、水温18度。本場回りの金輪で68センチのマダイ1匹。

 <兵庫・沼島>16日、北寄りの風で潮の流れは安定せず釣りづらい場所もあった。一番回りの独立磯で阿南市の3人が35~46センチのチヌ8匹と40、60センチのカンダイ2匹、25センチのガガネ1匹。各磯で30~40センチを主体に48センチまでを1~10匹。

 [イカダ]<ウチノ海>16日、ヤカタでサヨリを狙った人らは26~36センチを10~35匹。アオイソメを餌にチョイ投げでカレイを狙った夫婦が25~30センチを6匹。別のヤカタでも21~32センチのカレイ4匹。ヨウセイエビを餌にウキ釣りで40~45センチのセイゴ4匹。

 [波止]<和田島大手海岸T字ブロック>16日、北の風で釣りづらかった。阿南市の人が20時から半時間ほど1・5グラムのジグヘッドにアオイソメを付けて投げ18センチ前後のガガネと20センチ前後のメバルを各3匹。

 <香川・荘内半島>16日、波風ともに穏やか。潮はあまり動かなかった。消波ブロックで9時から8時間ほど、ネリ餌と市販の加工沖アミを餌にサオを出した阿南市の人がハリス1・2号グレバリ5号のフカセ釣りでウキ下を10メートル前後と深く探り35~45センチのチヌ16匹。餌取りにはオセンやサヨリ、フグがいたがマキ餌で上手く分離して釣果を得た。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>16日、北東の風で水温17・2~17・9度。沖向きの消波ブロックで25~38センチのグレ1~3匹。

 <高知・室戸>16日、西海岸は風はなく穏やかだったが少し水温が下がったようだ。18時から1時間半ほどアジを餌に取り込みにはヤエンを使い1・5キロのアオリイカ1匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>16日、一時南東の風が吹き釣りづらい時間帯もあった。サシ餌をダンゴに包みチョイ投げして35センチのチヌ1匹。アジを餌に0・5、1キロのアオリイカ2匹。別の人は1・4キロを1匹。餌木を投げ歩いた人は1・34キロを1匹。地の岸壁でも1・24キロを1匹。(県釣連盟報道部)