無料で提供するカブトムシの幼虫=阿南市橘町の竹林再生会議事務所

 新型コロナウイルスの影響で家にこもりがちな子どもたちのため、放置竹林の有効活用に取り組んでいる徳島県阿南市のNPO法人「竹林再生会議」がカブトムシの幼虫を無料で提供している。

 体長約10センチ。市内の竹林で山積みにしている土壌改良用の竹パウダーの中で毎年大量に育っている。約2千匹を用意し、4日から同市橘町袴傍示の事務所で渡している。長池奉成代表理事は「家で観察してもらい、理科の勉強になればうれしい」と話した。

 希望者はバケツなどの容器が必要。問い合わせは再生会議事務局<電080(6285)0573>。